Canonet QL17 底部を外すと電池室の板バネが落ちるので組み立てのときに忘れないでね!

こんにちは
 
 
 
自分勝手なカメラ再生士の牧野です。
 
 
 
古いカメラのメジャーなトラブルと言えば
電池室周りの液漏れでしょう。
 
今回はCanonet QL17 GIIIですが

うっかり底板を外したら板バネが落ちていました。
 
 

「どこについていたんだろうと?」
 
 

しばらく観察していたら
電池室のフタのバネだということに気が付きました。
 
 
img_3535
 
 
写真にある通り

収めると正しく電池室のロックがかかりますが

無いとフタがロックされなくなります。
 
 
 
こちらも利益率の高いカメラなので
基本的なメンテナンスと再生方法は
覚えてしまいたいですね。
 
 
特に国内より
ebayでの人気が高いのでおすすめです。

 

1日限りのプレミアムセミナー開催!

今年第一弾!プレミアムセミナー開催!!

あの秋葉原の巨匠 岩鉄利夫先生が
直々にカメラの修理方法を教えてくれます。

二度と無いかもしれない、このチャンスをお見逃し無く!
早い満席が見込まれますので、ご予約だけでもお早めにどうぞ!