Canonet QL17 底部を外すと電池室の板バネが落ちるので組み立てのときに忘れないでね!

こんにちは
 
 
 
自分勝手なカメラ再生士の牧野です。
 
 
 
古いカメラのメジャーなトラブルと言えば
電池室周りの液漏れでしょう。
 
今回はCanonet QL17 GIIIですが

うっかり底板を外したら板バネが落ちていました。
 
 

「どこについていたんだろうと?」
 
 

しばらく観察していたら
電池室のフタのバネだということに気が付きました。
 
 
img_3535
 
 
写真にある通り

収めると正しく電池室のロックがかかりますが

無いとフタがロックされなくなります。
 
 
 
こちらも利益率の高いカメラなので
基本的なメンテナンスと再生方法は
覚えてしまいたいですね。
 
 
特に国内より
ebayでの人気が高いのでおすすめです。

 

メンテナンスセミナーお申込み

他のebay輸出の転売塾には無い 特別な技術を隠さず全てをお伝えします。

セミナーはワークショップの形式で進めます。

各自持ち込んだカメラやレンズの メンテナンスを行いながら
実践的に技術を身に付けて頂きます。