【BRONICA S2後期型 スクリーンのピントはこう合わせるのだ!モルト交換もしたよ】

LINEで送る
Pocket

今日も 

自分勝手なカメラ再生士のモンブラン牧野です。
 
 

 

BRONICA S2

クリーニングと検品の依頼が来ました。

(動画は一番下にあります)

img_3640
 
  

まずモデルの特定をします。

ネームプレートのロゴ「n」のカタチから

SではなくてS2と判断できます。

また、シャッターチャージのノブが黒いので

S2後期型と判断できます。

img_3640
 
 

機能的には全く問題がなかったので

モルトの交換をしました。

このカメラは

モルトが劣化すると

スクリーンの位置が変わってしまい

ピントにずれが生じてしまいます。

 
 

img_3612
 
 

そのモルトを1.5mmのものに

正しく交換することによって

ピントが正確になります。

モルトを交換してスクリーンを仮置きして

フィルムバック内に

両面テープでトレーシングペーパーを貼ります。

(なかったのでレンズペーパー) 
 
 

img_3611
 
 

こうすることでフィルム面に映る景色が確認できます。 

レンズを無限にして遠くのビルの屋上などに合わせて

スクリーンとトレーシングペーパーに映る絵を比べます。 

差異がある場合はスペーサーなどを噛ませて

スクリーンの位置を変えます。 

 

正しい位置に来たら固定します。

そんなに難しい作業ではないです。

スクリーン周りが汚れていたら

モルトの劣化のサイン!

きちんと交換して

次のユーザーに笑顔で迎えてもらいましょう\(^o^)/